《タイ語の声調》
タイ語の声調は、第1声調から第5声調まで5つあります。
タイ語の単語は知っているのに、話しをしても通じないのはこの5つの音をうまく発音できていないからと考えられます。この発音さえしっかり最初に学習すれば、話しが通じないということはおこらないはずです。

ここでは、簡単に第1声調から第5声調までの紹介をいたします。

例えば、次の日本語の単語を読んでみましょう。

1、バンコク銀行     2、銀行

同じ「銀行」という単語なのに声調を付けるてみると1は音程が上下し、2は平音になります。
タイ語は形容詞がついたり熟語になったりしても、一つの同じ単語の声調が変わることはありません。
私達タイ人が初めて日本に来たときも、日本語の声調にとても困りました。と言いますのは、
同じ単語なのに使い方によって声調が変ってしまう場合があるからです。どれが正しい発音なのか分からないので、
本当に正しい日本語の発音(アクセント)ができないのです。

 
【第1声調】

例えば「銀行」⇒「ginkou」と言うときと同じように平らな音で発音します。下の絵のように顔を真横に動かして発音してみましょう。

seicho1.gif

 
【第2声調】
日本語の例で言うと、「ごはん」の「はん」の部分ように音が下がるのが第2声調です。下の絵のように顔をまっすぐに向けた状態から下に下げながら発音してみましょう。



seicho2.gif


 
【第3声調】
声が一旦上がって下がります。「じゃあね」のように一度上がって、下がる音です。顔を1回上げ下げして発音してみましょう。


seicho3.gif

 
【第4声調】
声が上がってそのまま上がりっぱなしになります。「こない」の「こ」の発音に近いです。顔を上げながら発音し、上げっぱなしにしながら発音してみましょう。


seicho4.gif

 
【第5声調】
音が一旦下がって上がります。日本語でこの声調の発音をすることはあまりないと思っていましたが、最近の若者が「まっじぃ~?」と言うときの「じぃ~?」がこの音にあたるということに気がつきました。音を下げて上げるこの声調は誰にでも簡単にできます。

顔をまっすぐ前に向けた状態から、下に降ろしてまた上に戻しながら言ってみましょう。


seicho5.gif








お見積もり、お問合せ

語翻訳、語通訳のお問合せ、 見積依頼はこちらからお願い致します。
尚、hotmail ezwebは未着が大変多いため別のメールアドレスをご利用願います。
お急ぎの方は直接各校担当までお電話にてご連絡ください。

問合せ内容※必須項目
学校について  通訳について 翻訳について その他
お名前:
※必須項目です
フリガナ
Eメール:
※必須 hotmail ezweb不可
Eメール(入力確認)
※必須項目
ご住所:
電話:
※メール未着が多いのでお手数ですが入力下さい。
性別:
男性 女性
お問合せ内容

お手数ですがアンケートにご協力ください

当教室をどのようにして知りましたか
googleで検索 yahooで検索 MSNで検索 その他検索 ケイコとマナブ 
当校を紹介されたサイトを見て人から紹介 タウンページ その他
検索の場合キーワードは何ですか?また「紹介サイト」「その他」の場合もお願いします。
※例「語 バンコク・シーロム、プロンポン、トンロー チョンブリ・シラチャ、パタヤ」など
送信してください