ここで、タイ語の声調について簡単に説明いたします。

consonants.gif

 タイ語の声調は、第1声調から第5声調まで5つあります。声調と言うとピンと来ない方も多いかもしれません。しかし、この声調をしっかりおぼえることこそがタイ語を上手に話すコツなのです。

例えば、次の日本語の単語を読んでみましょう。

1、バンコク銀行     2、銀行

 同じ「銀行」という単語なのに声調を付けるてみると1は「bankoku gnku」と音程が上下し、2は「ginkou」と平音になります。
 タイ語は形容詞がついたり熟語になったりしても、一つの同じ単語の声調が変わることはありません。タイ人が初めて日本に来たときも、日本語の声調にとても困ります。と言いますのは、同じ単語なのに使い方によって声調が変ってしまう場合があるからです。どれが正しい発音なのか分からないので、本当に正しい日本語の発音(アクセント)ができないのです。

 
【第1声調】

日本語では例えば「銀行」⇒「ginkou」と言うときと同じように平らな音で発音します。声調を間違えないために、下の絵のように顔を動かしながら発音してみて下さい。

顔を真横に動かしてみる

seicho1.gif

 
【第2声調(   )】
日本語の例で言うと、「ごはん」⇒「ghn」と言うときの「hn」のように音が下がるのが第2声調です。声調を間違えないように顔を下げながら発音してみて下さい。

顔をまっすぐに向けた状態から下に下げてみる

seicho2.gif


 
【第3声調( )】
声が一旦上がって下がります。日本語で「じゃあね」と言うときの「ja nee」の「ja 」が第3声調になります。

顔を1回上げ下げしてみる

seicho3.gif

 
【第4声調( )】
声が上がってそのまま上がりっぱなしになります。日本語で「来ない」と言うときの「kni」の「k」は第4声調です。

顔を上げながら発音し、上げっぱなしにしてみる

seicho4.gif

 
【第5声調()】
音が一旦下がって上がります。日本語でこの声調の発音をすることはあまりないと思っていました。「まっじぃ~?」と言うときの「じぃ~?」が近い音だと思います。音を下げて上げるこの声調は誰にでも簡単にできます。

顔をまっすぐ前に向けた状態から、
下に降ろしてまた上に戻しながら言ってみる

seicho5.gif

 当バンコク、シーロム校のオリジナル学習方式は学長自らの留学経験を生かした教授法です。
開校から15年間、当校はこの教授法の研究を重ねてきました。


 日本人がタイ語を勉強する上で、分かりにくい部分を日本語や英語で教えるのでしっかりとしたタイ語の基礎を身につけることができます。


 そして、1つの言葉を様々な場面で使え、その言葉を応用することによって多様な使い方ができるように工夫をしています。


 この独自の教授法があり、当校の講師達はこの方法をマスターしているので、タイ語の正しい発音を教える、効率的な授業をすることができるのです。
授業のスタイルも生徒の皆様に合わせて多彩なコースを組んでおります。




当タイ語学校の教授法は、使えるタイ語、伝わるタイ語を習得できるように日々研究を重ねています。
当校のオリジナルタイ語テキストでは生徒の皆様に使えるタイ語を身につけてもらえる教授法が盛り込まれています。